読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

4/8

昨日は学費のために始めたクレジットカードのPRバイトの初日で、はるばる埼玉県の入間まで行っていた。派遣なので勤務地が一定ではなく、新人を受け入れてくれるところがそこしかなかったそうだ。昨日今日の2日間だけという約束で、仕方なく片道2時間近くかけて行くことに。賄いのないバイトが久しぶりだったため初めは弁当が作れることを楽しみに思っていたが、前日に仕事への不安からなかなか寝付けず、通勤時間も長く到着したころにはもう疲れ切っていた。

集合場所に行ってみると、思った以上にスタッフがたくさん。しかもほとんどが私のような各地の現場へ行く派遣ではなく毎回ここに来ている人たちらしく、既にかなり仲が良い様子。小ぢんまりとした現場を想像していたため、その状況にとにかくショックを受け、早くも心が折れてしまった。控室に入ると「○○カード10日連続獲得○○さん」などと名前が並べられているのを見つけ、さらに気持ちが重くなる。

仕事自体は個人情報を扱う割と責任があるものにも関わらず細かくは教えてもらえず、とにかくできる人のを見て覚えてくれとのこと。これはカードPRの仕事でなくても派遣ではよくあることなのでまたかと思う。飲み込みの早さにある程度の自信はあるものの、いきなり受付に立たされ不安MAXに。結局すぐ慣れて有料の特典付きカードを初日で2枚取る。ヘルプもなく後ろからずっと見られていることがかなりストレスだった。

平日で基本的には暇だったため他のスタッフ同士の談笑が目に付く。昔から集団の場が本当に苦手で、自分から積極的に参加することができない。今回に至っては既にコミュニティが出来上がっていて、自分が入る余地もないように感じてしまう。皆良い人たちなので実はそんなこともないのだろうが、私自身にはとても辛く終わる頃にはぐったり。

また2時間かけて帰宅、明日も仕事かと重い気持ちになり何もやる気が出ない。ふとこの感じは銀行に勤めていたとき以来だ、と思う。そのときはこれは当たり前にみんな感じていることでもう少しすれば慣れると言い聞かせて働き続けていたが、結局病院に通うようになり退職した。

とはいえもう明日の明日ではシフトも出ているし、初めの登録会のときに当日欠勤はなるべくなしでお願いしますと念を押されている。諦めて布団に入るも、同居人が帰ってきて声をかけてくれるといつの間にかぼろぼろ泣いていた。普段少し体調が悪くても簡単には仕事を休んだりしないが、今回は直感でもうダメだと思い、担当の方にメールをして休ませてもらうことに。

休みになっても気分は晴れず、一日中布団で横になっていた。