読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3/15

昨日、4月から週1で通う学校の説明会に行ってきた。

もちろん学費等はすべて自分で払うことになるので、本当にここでいいのかなどと色々考えて願書を送るまでにしばらく二の足を踏んでいたが、もうそろそろ〆切も迫ってきて先日ようやく心を決めた。社会人向けの週1だけのコースと言えど今の自分には決して安いものではなく、親ローンで月々少しずつ返していくことになる。返し終えるのに一体何年かかるのか。けれど今やるしかない気もしている。がんばります。

夜、岡山からaapsのマツダちゃんが泊まりにきて、餃子パーティーをした後カルテットを2回観て就寝。

 

10時にアラームかけ、11時に起床。天気が悪いとなかなか起き上がれない。

近所のパン屋さんでパンを買い、家でコーヒーを淹れて遅めの朝食。ゆったり準備し、同居人が靴を見たいと言ったため3人で吉祥寺へ。

中道通りのキッチン用品などが売っている小店に入り、セールコーナーに良い感じの和食器を発見。2点買っても500円しなかったので即決してレジに持っていくと、財布に1万円札しかない。迷惑かなと思ったが仕方ないので「大きいのしかないんですがいいですか」とおそるおそる出すと、店主と思われるおじさんの顔が一気に歪み、「うわっ」と言われてしまった。その後も「ああもう、みんな出すから困ってるんだ」と怒ったふう。まだおつりはある様子だったが、これ以上何か言われるのはもう耐えられなかったのですぐに外で待っていた同居人を大声で呼び、小銭で払ってもらった。その様子を見て店主は一応「すいませんねえ」と言っていたが、帰り際に私たちの背中に向かって「みんな1万円札ばっかでかなわんな」と小さく一言。それで私は一気に気分が落ち込んでしまった。どうすればよかったのか、どうしてこんな思いをしなくてはいけなかったのかと悔しくなって泣きそうになる。

その後、無印に行ってレジでその1万円札を出したとき、また嫌な顔をされるんじゃないかと怖くなった。たぶんもう、私はあのお店には行かないと思う。